子供 虫歯 予防

MENU

子供の虫歯予防について、母親に知っておいて欲しい3つのこと

私は子供のころから虫歯の治療を繰り返し、銀歯は多数。右下3本がブリッジ、左下の1本がインプラントというダメな手本の母親です。

 

虫歯についての知識を何も知らずに子供を育ててしまったため、赤ちゃんの時から当たり前のように歯医者に通わせていました。

 

赤ちゃん虫歯予防

 

 

しかし、子供が将来元気に生活するためには、歯を健康に保つことが何より重要だと気付き、今では虫歯ゼロになっています。

 

歯を失う前であればまだ間に合いますので、どうかお子さんの歯を大事にしてあげてください^^

 

⇒ 子供の虫歯をゼロにする為に使った予防法はコレ

 

 

 

 

子供に虫歯を感染させている犯人は、お母さん?

 

まず虫歯の原因となる細菌を“ミュータンス菌”と言います。

 

生まれたての赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌は存在しません。

 

 

しかしいつの間にか虫歯ができて、歯磨き食生活という原因にばかり注目が集まりますが、実際には、ミュータンス菌の感染には大人の責任がとても重いのです。

 

例えば

  • 離乳食などを作るとき
  • 食事を食べさせるとき
  • 熱い飲み物をフーフーして冷ますとき

 

大人はつい、自分が今まさに口にしている箸や、スプーンをそのまま使ってしまいます。

 

子供虫歯菌

 

 

恐ろしいことに、『お母さんが大きなオカズを噛み砕いて、口から出して子供に与える』そんなことが許容されていた時代もあったのです。

 

残念ながら、殆どの大人の口にはミュータンス菌がいますので、そんな日常の接触で簡単に子供の口の中に感染してしまうのです。

 

 

結果的に、虫歯になりようがなかった赤ちゃんの口の中にミュータンス菌が住み着いて、子供たちは歯を磨いているのに虫歯に苦しむ日々を送るようになってしまいます。

 

お母さんたち大人はまずその意識を持ち、子供の食事と食器の区分けをする事が予防の第一歩なのです。

 

見逃し注意!白い乳歯の虫歯ができやすい箇所

 

子供の乳歯は永久歯よりエナメル質が薄く、ミュータンス菌の影響を受けやすいです。

 

また患部は大人の場合と違って白濁したような色になり、痛みも少ない(あったとしても子供が小さいとそれをうまく親に伝えられないことが多い)ため気づきにくいのです。

 

 

また、なりやすい部位は奥歯の間や奥歯の溝の部分です。

 

子供虫歯なりやすい箇所

 

 

食べ物や牛乳、また、スポーツドリンクなどの糖分の影響でじわじわと進行していくのです。

 

 

大人のように自分で歯を磨けない乳児や幼児は親が磨き、仕上げをしなければなりませんが、それでも奥歯は子供の小さな口の奥の方にあるためになかなか完全にクリアすることは難しいのです。

 

そこで、奥歯の溝の部分にはシーラントがおススメです。

 

シーラントとは、歯医者さんで溝の部分をきれいに掃除してもらい、薄く樹脂を塗ってもらう方法。

 

シーラントを塗った部分にはミュータンス菌が入り込む余地がなくなるので、効果的な子供の虫歯予防法と言えます。

 

 

子供の虫歯は進行が早く、痛みも出ない

 

基本的に乳歯は永久歯に比べるとエナメル質が薄いことは前述のとおりで、食後、その糖分などが残り、表面がじわじわと侵食されるようにミュータンス菌に侵されていきます。

 

よって、いきなり大人がイメージするように黒くなったり穴が開いたり、というよりは白濁してエナメル質が侵されていき、だんだん変色する。ということが多いのです。

 

子供虫歯分かりづらい

 

 

また、穴が開くわけではないので歯の痛みで痛くて泣くということも少なく、発見が遅れる場合も多々あります。

 

そこで、日常的な歯磨きとともに、口の中のpHのコントロールも大切になってきます。

 

 

  • よく噛んで唾液を出させること
  • 食後にお茶を飲む
  • キシリトールガムを噛む

 

なども子供の虫歯予防として効果的です。

 

 

子供の虫歯予防、今日から始めたい自宅ケア・ベスト3

 

子供虫歯に最新の注意が必要だというのは分かって頂けたと思いますが、虫歯予防というのは一朝一夕では身に付きません。

 

『毎日の習慣にして、何も考えずに出来ている状態』にしないと子供の歯を守るのは難しいです。

 

 

そこで、今日“たった今”から始められる、虫歯予防の簡単ケア習慣ベスト3を紹介します。

 

 

虫歯になりにくい食事に変える

 

まず歯に悪影響を及ぼし易い物といえば、チョコレートやジュースといった糖分が非常に多く含まれる物だったりします。
しかも子供が大好きな甘い物なので、一切食べさせない、飲ませないというのは難しいです。

 

子供虫歯チョコ

 

 

なので分量を制限しつつ、食べたらしっかり歯を磨かせる事が重要だったりします。

 

更になりにくい食生活を目指すなら、柔らかい物ばかりでなく、出来るだけ噛みごたえのある食べ物を食べさせるというのも重要です。

 

 

というのも噛めば噛む程に多くの唾液が分泌されて行くので、大量の唾液により虫歯が出来難い口内環境を生み出す事が出来ます。

 

なので唾液を増やすために、ある程度噛みごたえがある食べ物を子供にも食べさせる事が大事です。

 

 

無料で歯の抵抗力を高める方法

 

年の近い兄弟がいれば分かり易いですが、同じ食生活を送っていても『虫歯になり易い子』『なり難い子』がいたりするものです。

 

これは歯の抵抗力に違いがあるためであり、抵抗力が高いと虫歯菌の影響を受け難くなります。

 

子供虫歯抵抗力

 

 

しかも子供の歯の抵抗力を意図的に上げる事により、予防効果を得る事も可能です。

 

その方法としてはまず、フッ素歯磨きフッ素ジェルを使用する事だったりします。

 

 

この様にして歯にフッ素を塗る事で、抵抗力を高める事が可能なので、市販品を購入して子供の虫歯予防をしてるお母さんも少なくありません。

 

他にも唾液の性質を高める事で、歯の抵抗力を向上させる事が出来ます。

 

 

具体的には“唾液の分泌量を増やす事”であり、方法として子供の唾液線をマッサージするか、或いはノンシュガーのガムを噛ませるという習慣で唾液の量を増やす事が可能です。

 

唾液って無料なのに非常に高い虫歯菌の除去能力を備えているので、どんどん活用していくようにしましょう^^

 

 

やっぱり基本は歯磨き習慣

 

子供は基本的に甘い物が大好きな上に、小さな子は特に磨くのを嫌がってしまう傾向が強いのはアナタもご存じの通り^^;

 

しかも親としても、「まだ乳歯の段階でどうせ生え変わるから、無理に磨かせる必要はない」何て、考えてしまう人も少なくありません。。。

 

 

ですが虫歯を生み出す菌は、口内に残った糖を利用して働きを活発化して、歯を溶解させていってしまいます。

 

なので口内に糖分を残したままの状態だと、そういった菌の働きを活発化させ、虫歯の症状を拡大させて行くのです。

 

子供虫歯歯磨き

 

 

そのため小さな子供の頃から、磨く習慣というのを徹底的に教え込んでおき、予防癖を付けておかないと永久歯に生え変わった後に大変な事になります。

 

なので乳歯でまた生え変わると油断せずに、毎日しっかりと徹底して磨く習慣を根気よく親子で一緒に身に着けていきましょう。

 

 

子供が虫歯を繰り返してしまう時の最強予防法

 

「毎日、歯磨きさせてるのに気が付くと虫歯が出来てる!!なんとかしてぇ((+_+))」

 

とお嘆きのお母さんにオススメな、子供の虫歯ループから抜け出し、歯の健康を守るための最強予防法をご紹介します。

 

 

1番の感染ルートである両親の口内ケア

 

冒頭で説明した通り、生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいません。

 

赤ちゃんに感染するルートの大半の原因は近くにいる大人…つまり両親からの感染が原因として最も多いのです!

 

 

昔、両親からキスされた記憶があったり、一緒のものを食べたりした思い出がある方も多いでしょう。

 

しかし、唾液(時には唾)を介して菌は子供の口に移動して虫歯リスクを上げるのです。

 

子供虫歯親

 

 

まずは、

  • 直接噛み与えをしない
  • 同じ食器を使わない

 

等、菌が感染しない環境を作る事が大切です。

 

 

しかし、子供とのコミュニケーションを取る為に完全に原因を断つ事は難しいときもあるでしょうし、それはそれで寂しいですよね(*^^*)

 

その為に、両親や近親者の口内ケアを行い、悪い菌がいない環境を作る事がとても大切なのです。

 

 

薬用歯磨き粉では、善い菌も殺してしまう!?

 

口の中には虫歯菌以外にも善玉菌という善い菌がいます。この善い菌を増やすことができれば、虫歯になりにくい状況を作り出せ、自らの虫歯予防にもつながるんです。

 

それでは、どうやったら善玉菌を増やせるのか気になりますよね!?

 

 

正解は、善玉菌を増やすのではなく〝善玉菌を減らさない”です。

 

善玉菌を殺してしまう1番の原因は、菌を殺せる、殺菌力が強い薬用の歯磨き粉

 

子供虫歯歯磨き粉

 

 

殺菌力が強いと、確かに悪い虫歯菌を除去できるのですが、菌がいなくなる環境を作れるわけではないのです。

 

 

殺菌力が強いという事は、同時に善い菌を弱らせたり殺してしまいます。その為、悪い菌が増殖しやすい環境が出来てしまう可能性があるのです。

 

歯磨き粉の中には、善玉菌の働きを助け、虫歯菌を除去する効果のあるモノもあります。善玉菌を減らさず悪玉菌を退治することで、口内が悪い菌に負けない環境を作りだせ、それが子供の予防に繋がります。

 

 

BLIS M18で虫歯菌に負けない口内環境を作る

 

では、口内環境を良くする善玉菌をサポートする成分は何なのか?

 

それはズバリ、口内で有効に働く乳酸菌『BLIS M18』です。

 

 

TVなどでも良く特集させる乳酸菌なので、名前くらいは聞いた事があるかもしれませんね。

 

海外を中心に、口内で悪玉菌を抑制する乳酸菌として有効性が認められている善玉菌です。

 

BLISM18

 

 

実はこの乳酸菌、歯が強く、虫歯しらずの子供の口内に多く存在していることも分かっています。

 

日本では、まだ有効性について公的なお墨付きは得られていませんが、多くの先進国ではすでに認められています。臨床試験も行われていて、悪い菌を抑制する効果が注目されているのです。

 

 

ただ1つだけ注意して頂きたいのが、日本で多く使用されている予防法としてあるフッ素。この乳酸菌との相性が悪くすべて死滅させてしまいます。

 

その為、フッ素配合の歯磨き粉などと併用するのは厳禁です。

 

 

「“BLIS M18”を使って歯磨きしてるのに効果が出ない!」という時は、それが原因かもしれません。

 

しっかりした使い方を守って、家族みんなで予防して虫歯知らずの口内環境を整えましょう!

 

⇒ BLIS M18を使った日本唯一の歯磨き粉

 

 

虫歯を放っておくと大変!子供に500万円背負わせられますか?

 

実は怖い、幼い時の虫歯。

 

 

「永久歯が生えてくるんだから、乳歯は虫歯でも大丈夫なのでは?」

 

 

という質問がいまだに届くので、子供の虫歯予防がどうして大切なのか、その理由を改めてまとめておきたいと思います。

 

 

子供の虫歯を放置するとどうなるか?

 

子供のうちに虫歯を放置しておくことは絶対にやめて下さい。

 

子供の乳歯が虫歯の時に、『永久歯が生えるからいいか!』『永久歯を大切にすれば大丈夫だろう。』なんて思っていたら要注意です。

 

 

実は乳歯を大切にしないと、永久歯に悪影響があります。

 

乳歯の虫歯を放置して、神経が腐敗すると膿袋が溜まり、発育中の永久歯を変色させたり、歯並びに影響を与えるのです。

 

子供乳歯虫歯

 

 

虫歯になってしまった場合は、しっかりと乳歯を治療し、永久歯が健康に生えてこられる環境を作ってあげる事で、将来に綺麗な歯を残すことが出来るのです。

 

その為に、乳歯を治療をしたり、事前にフッ素を塗ったりして予防をする事が大切になります。

 

 

もしも放置していたら歯を失う可能性があるだけでなく、子供に500万円近い負債を背負わせる結果になることも忘れてはいけません。

 

 

歯を失うと胃ガン、大腸がんのリスクも高まる

 

「500万とか噓でしょ!?」という声が聞こえてきそうですが、その内訳を説明します。

 

 

歯を失う事による影響は、口の中だけにとどまらず全身に及びます。

 

例えば、一般的な歯周病の菌が感染する事により大腸がんを引き起こす可能性がある事が示唆されています。

 

子供虫歯ガン

 

 

また、口内環境を悪化させるとピロリ菌の増殖に繋がり、胃内に影響を与えて胃ガンのリスクも増やしてしまうのです。
菌が口内に蔓延する事によって血液中に入り込み、全身に周り悪影響を及ぼす可能性も否定はできません。

 

 

それだけにとどまらず、食事をしっかり嚙み砕いて身体に栄養を摂れなくなることで、全身あらゆる病気を併発する原因になりうるのです。

 

歯の健康を守ることは、大人になった時の病気にかかるリスクを減らす効果があるのです。

 

 

元気なおじいちゃん、おばあちゃんが「歯が丈夫で食べるのに不自由しないから」なんて話してるのを聞いたことありませんか?

 

「子供のうちから心配するなんて早い」と思われるかもしれませんが、歯は1回失うともう2度と生えてこないので、小さいうちから口内環境を整えて虫歯予防をする必要があります。

 

 

※現在は歯科医療も発達してて、インプラントなど人口の歯を埋め込む技術もありますが、あくまで人工の歯であって自然な歯のクオリティにはほど遠いものです。

 

1本35万円以上の手術&施工費がかかりますし、定期的に歯医者に通ってメンテナンスをする必要があり、かなり苦痛を伴います。(私はインプラント経験者です)

 

 

口は内臓の入り口、子供の将来のために今

 

それじゃあ、「どのようにケアを行っていけばいいか?」

 

これについてはもう説明した通りです。子供が小さいうちから、お母さんお父さんがしっかり歯のケア方法を教えてあげましょう。

 

 

  • 丁寧な歯磨き
  • 治療ではなく予防で歯医者に通う姿勢

 

を見せる事によって、健康な歯を保つ事が出来ます。

 

 

また、常にきれいな状態を親が保つよう心がけると、子供も真似をするようになり、口内が汚い環境でいる事がイヤになります。

 

親がしっかりと口内環境を整える事によって、健康な状態を維持する事を意識出来る大人になるのです。

 

子供虫歯予防法

 

 

もし、親の不注意で大切な子供の口内に虫歯菌を感染させてしまったのだとしたら、今すぐ“BLIS M18”を使って虫歯にならない口内環境を作ってあげてください。

 

インプラントの私が、「丁寧な歯磨きでしっかり虫歯予防をしよう!」なんて偉そうなことを言っておいてなんですが、口の中に虫歯菌さえいなければ砂糖をなめて放置しても虫歯にはなりません^^;

 

 

先に”歯を大事にしなければ500万円近い負債を子供に背負わせることになる”

 

と言いましたが、生活をする為の治療費や併発した病気の医療費などでそれに近い、また、それ以上の負債が子供に襲い掛かる可能性は決して大袈裟な話ではないことが分かって頂けたと思います。

 

そのリスクを減らすためにも子供のころから虫歯に気を使い、丁寧な予防を心がけてあげて下さいね。

 

⇒ 今すぐ、子供の虫歯菌を退治するならコチラ